自分のことを好きになれない女の子が 人と向き合い、自分と向き合い、自分をどんどん好きになっていったストーリー (福岡 28歳女性)

 

自分を好きになれなかった私が、

BeComeとの出逢いと経験を通して、自分のことが好きになれました。
 

【当時の自分】

楽しいことはみんなで楽しみたい!がモットーで好奇心だけで何でも動いていました。
(今も変わっていません。)

ただ自分の意思を強く持ったり伝えると言う事がとても苦手で、将来の夢なども特になく自分に対してあまり積極的ではありませんでした。

BeComeにいたメンバーは何かしら夢を持っている人が多くて、何よりキラキラしていて何も持っていない自分はダメなんじゃないかととても劣等感を感じていました。
 

【株式会社BeComeとの出逢い】

 

関社長とは、私が新卒で入った前社の営業会社で出逢いました。

同じ会社の社員という訳ではなく、関社長はBeComeの前に経営していた会社で
私のいた会社に協力会社の責任者として現場に入っていたみたいなのですが、同じ部署でした。
チームが違ったので話す事がほとんどなく、BeComeに入って関社長の人間性を知ったくらい接点がありませんでした。

そこの会社は辞め、当時名古屋で仕事をしていましたが関社長からお声を頂き、
また別に会社を立ち上げ山口県で事業をしているとの事で「地元に近くなるっ♬」のインスピレーションだけでよし!行こうと参加したのを覚えてます。

1番の印象は関社長の髪の毛がくるくるになっていて、どの人が関社長かわからなくなってしまった事です。笑
(くるくるしていた時代があります。笑)

 

【株式会社BeComeで学んだこと】

本当に沢山の事を学びました。
営業の部署にいたのですが
営業のスキルはもちろん、チームメンバー、人との向き合い方、自分を内観すること
たくさんの人に出逢えたこと。

仕事で一緒になったメンバーとは、仕事だけではなく、本当に心の底から向き合い心から繋がる事ができ、いまでも大切に思っています。

社会人の青春時代って言えるほど沢山のエピソードがありすぎてとてもとても濃い時間を過ごしました。
本音を伝え、伝えてもらい、たくさん涙した事もあったし、たくさんの自分と出逢いました。
BeComeでは仕事の働き方だけでなく、人との向き合い方を何より学べたと思います。
そして、そこを本当に大切にしている会社でした。

相手と会話する中で、自分の主観は当たり前ではない事、それはなかなか自分では気づきにくいし、時には認めたくない時もあるかもしれません。
でもそれでも一歩踏み込んで真相を深掘りすると、相手の生まれてきた環境や生き方が今の相手の考え方になっていて、

その背景を知る事でなぜ相手が今その考えに至るのか、なぜその感情になっているかをより理解する事が出来ます。

自分のずっと当たり前で常識だと思っていたことがみんなにとって変わっている!と言われた時は衝撃でした笑
それをしないとお母さんにあんなに怒られたのに笑

意外とこの動作を行うと今までシャットダウンしていた事もスッと入る様になるんですよ!
そして何より相手と今よりも良いコミュニケーションを取ることができます。
そんな体感をたくさんしました。

[違い]は[間違い]ではない。
この言葉を関社長から聞いてとても腑に落ちた名言です。

自分と相手との違いを、決して✖️と見ない事。
人と自分が違うのは当たり前。それは生まれてきた背景も環境も違うから。
だからこそ間違いではない。
そこを理解するとより沢山の事を学べるし、相手の事をより思いやる事が出来ます。

小さな問題でも関社長はみんなで解決しようと動いてくださって何時間も何時間もメンバー全員で話し合ってきました。
たくさん涙しながら、お互いを理解し合おうとする大切な時間を過ごせました。
背景を理解し合うことの大切さや、自分の本音を伝えることの大切さも学びました。
正直、これだけ人と関わったのは生まれて初めてなんじゃないかと思います。

もう一つは、セルフラブを高める事が出来た事です。
自分に自信がない方っていませんか?

それ、私もなんです。
自分の事が好きになれなくて、自信がなくて自信がなくて。
どんどんマイナスな気分になって、やる気も無くなっていきますよね?
そんな時に教えてもらったのが、目標のゴールを細分化する事でした。

出来ない事を探すより、小さくても出来たものを探すこと。
出来たら自分で自分をハグしてあげてしっかり褒めてあげること。
私の場合で行くと、朝時間通りに起きれた!とか営業の一件をいつもより多くピンポン押したなど、本当に些細なことから自分を褒めてあげました笑。

小さい○をたくさん付けること。今日はどんな○をつけたか聞いてくれたり、意識づけが出来ました。
人間どんだけ小さくても目標がないと達成欲がわかないのと、褒められて頑張れるんだなと改めて感じました。
今でも習慣にしている一つの動きです。
BeComeのみんな、自信のない私に自己愛を高める大切さを伝え続けてくれました。

関社長からもちょす(私のあだ名です)はちょすでいいんだよと伝え続けてくれた事ですごく救われました^ ^
自分を自分で認めてあげる事の鍵を見つけてくれたのが関社長でありBeComeです。

ここを腑に落とせたからこそ今に繋がっていると感じています。

 

【今の自分】

今は地元に戻り、違う仕事に挑戦しています!
実は今まで自分が一番苦手と感じていた事で「人に教えて結果を出させる」と言う部分です。
いつも、「教えるより教えられたい」と考えていた甘々な私でしたので出来る限り避けて通ってきました。

BeComeを卒業して自分がどう在りたいか、どんな人間に成長したいかを考えた時に、
絶対ここの部分は後の自分の経験値になる!今挑戦しないでいつする?の自分の答えがマッチして今、ここに向き合っているところです。
ただ、この考えになった土台となったのはやっぱりBeComeにいれたからこそと思っています。

良い花を咲かせるためには良い土を作らないと行けなくて、BeComeの経験と知識と思い出は、私の中で土となり栄養となって芽吹く植物の糧となっています。

今でも、夢を追いかけてる人がいたらすぐ関社長に繋いでいます笑
BeComeで培った経験とご恩をまた違った場所でしっかり恩送りしていきます!

関連記事

  1. 引きこもりの兄を持つ大学生が、心の仕組みを学び向き合い、兄と…

  2. 傷付いて尖った学生起業家が、仲間たちとのぶつかり合いや対話を…

  3. 事業に失敗し借金に追われる26歳だった僕が BeComeと出…

カテゴリー

PAGE TOP