世界一周の夢に向かって行動できなかった若者が、夢を叶え続ける基準と在り方に触れて夢を叶えたストーリー

BeComeとの出逢いを通して仲間が夢を叶えていく姿に触れて

自分も世界一周の夢を叶えることが出来ました。

【当時の自分】

<自信もなく、夢に対して何も行動できない自分>

当時20歳で、飲食店のアルバイトをしていました。
何気なく参加した旅のイベントで、世界一周した人達に出逢ってから
「こんなに簡単に世界一周ってできるものなんだな。」と
いつか世界一周をしたいという漠然とした夢を持っていました。

けれど、その夢のために、お金を貯めたりなどの、夢に繋がる行動と努力が全くできず
実際目の前の何を頑張ったらいいかわからない。
でかいことはしたいし変わりたいけれど、変われない自分にずっとモヤモヤしていました。

【株式会社BeComeとの出逢い】

<萎縮した気持ちと、不安へのダイブ>

そのイベントで出逢った先輩に、動けない現状を相談した時、
関社長やBeComeの話を聞きました。

営業力を学べてすごく勉強になるし、関わることでめちゃくちゃマインドに良い影響をもらえるから、夢があるなら絶対関わっておいた方が良いと言ってくれたので
現状を変えたかった僕は、ぜひ会わせてくださいと先輩にお願いをし、関社長を紹介してもらいました。

お会いした時に、夢を語って口だけで、なにも行動もしない自分からしたら、
本当にレベルが違いすぎて僕は萎縮してしまいました苦笑

どうせ自分はこの人みたいにはなれない、、、
そう決め付けて斜に構えてしまっていました。

その時に、仕事一緒にしてみる?と誘われましたが、最初は断わりました。
当時は飛び込みの訪問販売チームに誘われたのですが
自分に飛び込み営業なんて絶対にできないと思ったからです。

でもこのままじゃ絶対に自分は変われないと思って。
1ヶ月後に関社長に連絡を取って気持ちを伝えて、仕事をさせてもらうことになりました。

【株式会社BeComeで学んだこと】

<一生懸命生きるということ>
一番は関社長含め、スタッフの方がめちゃくちゃ一生懸命に生きている、本気で生きていることを目の当たりにして、すごく影響が大きかったです。

仕事に対しても真摯に向き合って
1ヶ月で何契約取りたいという目標に対して、じゃあ何件周って、何商談しなければいけないという具体的な目標を立てて、毎日、ちゃんとその目標に対して達成出来ているかを振り返る。
一日一日、一生懸命に行動して徹底的に反省して、そんな日々を過ごす中で、最初は本当にその環境が辛かったです。。

けれど、だんだん慣れてきて、みんなにも萎縮しなくなって来た時には
みんなに認められたいという思いが強くなって来ました。

そこから、自分なりに一生懸命努力しました。

<成功体験と仲間に喜んでもらえる喜び>
営業をはじめて独り立ちしても、中々契約が取れなかったんですが、ある日突然1日に複数の契約を取れた時がありました。

当時現場にも出ていた関社長と合流させてもらったときに、会った瞬間に言葉を交わすよりも先に思いっきりハグをしたんですよ。それにハイタッチもして。
なんかこう、アドレナリンが出たというか、物凄い成功体験になって。
自分以上にめちゃくちゃ喜んでくれました。

契約が取れた以上に、あんなに喜んでくれたことが嬉しくて。

僕も負けないように頑張ろうって思って。
あれから5年たちますけど、今でもその時の感動とハグの感触が忘れられないくらい鮮明に記憶に残っています。
もっともっと成長して、認められて、関社長とBeComeのおかげでこうなりましたって言えるようになりたいっていう想いに心底させてもらいました。

<高い基準とやりたいことをするために果たす義務>
当時から、みなさん情熱的で、
「やりたいことをやるために果たす義務を忘れるな」
と言われていたのですけど、今思えば本当にそうだなって思います。

夢を語る人はいっぱいみて来ましたが、実際にそれを行動に移して、継続していっている人ってものすごく少なくて。
関社長はめちゃくちゃ行動しているし、それを継続して、周りの人にもインスパイアして、人を高めることができる。凄いなって思っています。
目標にしてるって言ったら全然届かない気持ちがあるんですが、

一緒にみんなと働けて、常にインスパイアされる、精神と時の部屋みたいな環境で
かなり自分のセルフマインドや基準値を高められたことが本当に大きいです。

甘えて生きて来た自分には、その環境が苦しかった時もありましたが
ちゃんと努力して、結果を出せて、それを喜んでもらえた。
その成功体験をあの年代で出来たのは大きく、今でも自分の軸になっています。

<青春した、車の中の想い出>
あれはたしか僕がBeComeに入って比較的最初の方、
全然契約も取れていなくて、他の新人の仲間も僕と同じくらい取れていなかった時なんですけれど。

その日も契約取れていなくて落ち込んでいたら
営業終了後に仲間たちが車で迎えに来てくれて、励ましてくれて。

持っていたタブレットを渡されて、
「コレを贈るよ。俺らかのメッセージ!」
って言われて見たら、ハジ→の「証。」という歌が歌詞付きで流れて。

「悩みも迷いも全ては
きみが今以上のきみを目指している証

きみはひとりじゃない 僕がいるよ
だから頑張ろう諦めずに 」

とか、歌詞がすごく良い歌なんですが。

当時、絶対に弱音を吐かない、泣かないって決めていたから
必死で泣くのを我慢していたけど、それを聴いて他の新人の仲間が泣いたのを見て
僕も堪え切れず泣いてしまいました。

あれは青春でしたね。

【その後の自分】

<BeComeを卒業>
定期面談で、温泉で関社長と語りながら、今後どうするのかの話をしました。

英語が好きだから活用してみたいし、世界一周もしたいし、飛び込みじゃない営業もしてみたかった。
当時はBeComeは訪問販売の部署しかなかったので、店舗での販売の仕事もしてみたかったんですね。
そこで卒業してもいいんじゃないかという提案をもらい卒業しました。

<お金を貯め、世界一周の夢を叶える>
世界一周は200万ほどお金を貯めないといけないと思い、訪問販売の経験を強みに
店舗での販売業務の仕事を個人で請け負いました。

僕にはBeComeで学んだ営業トークやスキルがあったので
当時教わったノウハウを新しい仕事にも応用したらすぐに活躍できて。

ノウハウを体系的にちゃんと学んだ自分からしたら、新しい職場のトークやスキル、マネジメントや環境がめちゃくちゃで苦笑
自分の仕事だけじゃなくて、BeComeで教わったことをそのままに
仕事への姿勢、在り方、ノウハウ、トーク、マネジメントを
そこにいるスタッフへ指導もしたら成果が出て、取引先から評価してもらって。
関社長やBeComeで教わったことの言う通りにしたら、どんどん出世して。笑

結構すぐに200万貯めて世界一周の夢を叶えました。
(おめでとう!!!)

世界一周の絶景、特にオーロラや、そこであった出逢いは、
一生忘れられない宝物です。

<会いたくなかった関社長との思わぬ再会>
関社長やBeComeのみなさんは
夢をすごく応援してくれる人たちですし、学んだことがたくさんあるのに、
まだ恩返しができていないって思いが強くありました。

関社長は僕にとってワンピースのシャンクスみたいな存在で。
ルフィの恩人であるシャンクスには、ルフィがちゃんと立派に胸張れる男になってからじゃないと会えないみたいに、関社長には大きな夢を叶え、立派になってから会いたい。

関社長のおかげで、こういう夢が叶いました。
こんなことを成し遂げました。
と、ものすごいデカいことをやって、言いたいという思いが凄くあって。
僕は、それが当時の夢の世界一周を叶えただけでは足りないって思っていました。

なのに、BeComeの卒業生が経営するゲストハウスに遊びに行ったら
たまたま関社長と再会してしまって。。。

「まだ会いたくなかったのにー!!」
と言ったら落ち込んでいました笑

でも、
「お前が夢を叶えてから会いに来てくれるより、新しくできた夢をBeComeも一緒に力を貸しながら叶えていける人生の方が、俺は好きだな」
って言ってくれて。

そこからまた何かある度に相談させてもらってます。

【今の自分】

<IT業界へチャレンジ!>
世界一周の夢を叶えその動画を配信したらたくさんの人が感動してくれて。
自分が作ったもので人が感動してくれたのが嬉しくて。
僕は人を感動し続けられる男になりたいのですが、自分の作ったもので感動を
与えたいと言う想いからエンジニアに興味を持ち、その業界に転職しました。

今は、日々必死に学んでいます!

もし20歳のあの時に、一歩踏み出す決断をしていなかったら
今でも変われていないんだろうなって思うと、ちょっとゾッします。

大きく変わるためには、何かを決断する必要があって
決断出来なかったのであれば、たぶんずっと変われない。

その決断で、背中を魅せてくれる人に出逢えて、応援してくれる人に出逢えて
高い基準に引っ張り上げられて、夢を叶える経験と考え方をインプットできた。

もし悩んでいる人がいたら、ぜひ、みんなも一歩踏み出してみて欲しいです。

BeComeは僕を変えてくれた大切な場所、今でも僕の人生の軸となっているとても良い環境でした。

関連記事

  1. 2年間引きこもりだった少年が、社会復帰し卒業し、幸せな家庭を…

  2. 自分のことを好きになれない女の子が 人と向き合い、自分と向き…

  3. 事業に失敗し借金に追われる26歳だった僕が BeComeと出…

  4. 傷付いて尖った学生起業家が、仲間たちとのぶつかり合いや対話を…

  5. 引きこもりの兄を持つ大学生が、心の仕組みを学び向き合い、兄と…

  6. 一度夢に挫折した元不登校児の大道芸人が、世界で活躍する大道芸…

カテゴリー

PAGE TOP